金融機関から100万円借りた人の体験談

100万円借りるのはみなさんが予想しているより案外簡単なものです。

 

本当に借りれるのか、またたとえ借りれたとしても、利息が膨らんで借金を抱え込むんじゃないかと不安は大きいと思います。

 

実際に100万円借りた人に話を聞いてみました。

 

100万借りるのは驚くほど簡単ですし、利息もちゃんと借りる場所を選べばそこまで負担になりませんよ。

@年収200万のサービス業で働く20代男性が母親の難病の治療代のために100万円借りた体験談

私は今から約2年ほど前に消費者金融から100万円を借りました。

 

それはなぜかというと、自分の家族がなんの前触れもなく突然難病になってしまったからです。

 

 

ある日の朝、一人暮らしだった私は実家に帰っていて、家族に「おはよう」と挨拶をしました。

 

その時母親の顔を見てみると、赤くて丸い発疹が何個かできていたので、寝ている間にでも虫に刺されたのかなと思っていたのですが、心配だったので病院へと連れて行きました。

 

そこでの診断結果で、母は膠原病(こうげんびょう)という難病であると診断されました。

 

 

その時は膠原病という病気自体がどのようなものなのか全くわかりませんでしたので、自分なりにたくさん調べて勉強をし、その結果毎回かかる治療費が保険に入っていたとしても2万ほどかかるという事実に衝撃を受けてしまいました。

 

もちろんどのくらい治療費がかかろうと支えてあげたいという気持ちでしたが、どうしても週に2回ほど2万円ずつ払っていくとなると月に約20万前後かかるということが大変だと思ってしまいました。

 

 

そのため、私は母親の治療費として消費者金融から100万円を急遽貸してもらうという形をとりました。

 

実際にお金を借りることを決心したのですが、私は今まで生きてきた人生の中で「誰かからお金を借りる」ことはほとんどしたことがなかったですし、それこそ「消費者金融からお金を借りる」ことなんて偏見があったのでどうしても抵抗がありました。

 

 

どのようにして消費者金融からお金を借りるかもわからないままだったので、あらゆる消費者金融のサイトを自分なりに検索して調べて、どの消費者金融なら自分に合った返済の仕方が出来るのかを最優先に選ばせてもらいました。

 

 

あらゆる消費者金融を調べて見た結果、ある1つの消費者金融と出会うことができ、そこが1番私には合ってそうだなと感じました。

 

たくさん質問もしたかったので実際にフリーコールの方に電話をかけてみました。

 

その時に電話に出たオペレーターの方がとても丁寧に優しく教えてくれたため、全ての悩みが解決した状態でお金を借りることになりました。

 

 

実際に100万円を借りた時の話ですが、なるべく職場の方々にバレたくなかったので職場から遠い場所の消費者金融を選ばせてもらいました。

 

そこではオペレーターの指示に従ってさまざまな契約の際の必要事項をタッチパネルで登録していき、とてもスムーズにそこまで時間がかからずにクレジットカードを作成することが出来ました。

 

そのクレジットカードで実際に100万円を借りて、母親の治療費に使用することができました。

A30代男性 年収550万の会社員が車の買い替えのために120万のローンを組んだ体験談

私は8月に台風の影響で自家用車のフロントガラスがぐしゃぐしゃに壊れ、泣く泣く車を買い替えをする羽目になりました。

 

中古車を購入するにあたり、120万のマイカーローンを楽天銀行で利用しました。

 

以前よりネットショッピングを利用すると楽天ポイントが付与されるメリットを共有したかったので、楽天銀行に口座を持っていました。

 

 

楽天銀行には店舗がありませんが、その代わりに主要なコンビニATMの手数料が無料で24時間365日、即時の借り入れが可能になのが魅力的だと思います。

 

楽天銀行でマイカーローンを調べたら、カードローンと併用との事で内容を確認のうえ申込を行いました。

 

 

現在では楽天市場で買えないものがないと言われるぐらい品ぞろえが豊富なので、カードローンとの組み合わせで実際の品物購入価格よりも安く買えることがあるのと、国内のネットショッピングの総合力では楽天には勝るサイトは存在しないと思うぐらい利用者には有りがいたいサービスを提供してくれるのも有難いポイントだと思います。

 

 

実際の手続きについては、私はスマートフォンで申し込みをしたのですが、120万とかなり高額な借り入れをしたにもかかわらず、楽天担当者と質問などもなく非対面で手続きが終わりました。

 

一般的な必要事項の入力して必要書類の提出をしただけ、必要書類は運転免許証と源泉徴収の写しと社員証を提出しました。

 

 

なお、必要書類の提出は郵送ではなく、スマートフォンのカメラで撮影したデータをオンラインで送っただけなので簡単に済みました。

 

非常に簡単な作業で一連の手続きがすべて終わったので便利だと感じました。

 

 

実際に利用して感じたことは審査手続きが非常に簡単であったことです。

 

スマートフォーンでの申し込みであったので、わざわざ店頭などに人目を気にしていく必要がないことが非常に良かったと思います。

 

 

そしてこのカードローンは利用のしやすさが高いと思います。

 

ネット銀行は非対面での作業なので人目を気にする、負い目を感じるなどのネガティブなことはないと思います。

 

 

正直に質問事項に入力をすればいいだけなので非常に便利だと思います。

 

 

私の感覚だとクレジットカードの申込となんら変わりがありません。

 

申込をしてから2日ぐらいで利用可能だったので審査スピードには正直驚きました。

 

 

実際に利用する前には初めてのローンの利用で、利息がどのぐらいかかるのかが不安でした。

 

まず初めにサイト内に掲示されていた計算式(借入金額×金利×利用日数÷365日=利息)に手計算で計算をし、おおまかな利息は認識していました。

 

それでも若干不安だったので、ネット上に利息計算シュミレーションのサイトがあったのでそちらでも計算をして利息を把握しました。

 

利息の計算がしっかりとできていれば返済計画を作成するにも非常に役に立つと思います。

B50代男性 年収1100万の会社員が私立高校に行く息子ののために100万円借りた体験談

今から4年前長男が野球をやるため大阪の高校に進学することになった時、長男と一緒に妻もついていくことになり、私立の学校だった為、入学金、マンションの礼金、敷金に当てる為に銀行のカードローンを借りることになりました。

 

妻は私の両親から借りて欲しいと言っていましたが、現在住んでいる東京の戸建を購入する際に大金を援助してもらっているのでこれ以上両親から借りる訳には行かず、妻には親から借りたことにし、どこからか借りることにしました。

 

 

私の場合、給料一切合切妻に任せているので、どこからも工面する事は出来ず、給料も不自由させることがない程度はもらっていたので蓄えもあるはずと考えていたのですが、長男が小学校から習い事、塾等に通っていたせいか思っていた貯蓄はないようでした。

 

それでいて銀行等からお金を借りることを極端に嫌がる妻。

 

 

夫婦で話をしましたが、子供のためなんだから、孫なんだからと、私の両親に払ってもらうようにと全く話にならない状況で大喧嘩になりました。

 

そもそも親に頼らなければならない状況であれば子供の進路も考えるのが普通だと思うのですが、妻は頑として譲りませんでした。

 

 

両親にお願いしようとも一時思いましたが私の父親は、相談したらそれで済むのか、高校卒業するまで毎年親に頼るのかと、当たり前のことですが一喝されるのが目に見えていたので自分で用意して、母親だけには母親から借りたことにするからと話を合わせて貰うよう話をしました。

 

家の住宅ローンを借りている銀行に行き、自宅にバレないように100万円お借りしたいことを相談に行きカードローンだったら送付物も無いのでと言われ、利息は8%と高かったのですが、お願いすることにしました。

 

 

銀行の方は、教育ローンだともう少し利息が低くなると提案されましたが、書類が自宅に送られたら元も子も無くなるので致し方無いかなとその場で契約することになりました。

 

 

こんなに簡単に借りれることに、この先大阪に妻と長男が行き二重生活になり、100万が200万、200万円が300万円に膨れ上がるのではないかと不安を覚えました。

 

カードローン等気軽な気持ちで借りてあっという間に膨れ上がったという話を良く聞くので今後どうなるのかと感じたものの、正直どうにかなったと安堵の気持ちもありました。

 

 

そもそも親に頼るような事はしたくなかった私からすれば、自分たち夫婦の範囲内で子育てしするのが当たり前のことです。

 

妻の考え方に不信感を抱きました。

 

 

結果ですが4年経った今、100万円のカードローンは、借り入れが100万円のままですが、増える事はどうにか防ぐことができました。

 

結果的には息子も東京の某大学の野球部に入り頑張っているので、よかったのかなと今では思ってます。