消費者金融で10万円借りた人の体験談

お金を借りることには抵抗のある人が多いと思います。

 

たとえ10万円でも借りずに済むなら借りたくないのが本音です。

 

 

でもどうしてもお金が足りなくて10万円ほしい。

 

10万円借りるのは簡単です。

 

誰でも借りれます。

 

 

今回は消費者金融で10万円借りた人3人に話を聞いてみました。

@20代前半で無職になり実家に住んでた男性が親と大喧嘩して家出し、お金を借りた体験談

私は20代前半の頃にお金をはじめて借りました。

 

理由は職を失って新しい仕事が決まらず毎日遊び回っていたことがきっかけで親と大喧嘩し、家出してお金をいっさい持っていなかったからです。

 

 

今思い返すと親が言っていることは一つも間違っていないし親が怒る理由がわかるのですが、その時の私はかなり若かったため、腹が立って反抗するということしかしませんでした。

 

 

今の自分なら後々困るということがわかるのですがその時は馬鹿だったため、わかりませんでした。

 

案の定何も考えずにただ勢いで出て行ってしまったので手持ちのお金も家もなかったのです。

 

 

おばあちゃんや、おじいちゃんや、兄弟には仕事をやめてからの期間何度かお金を借りたことがあったので貸してくださいということは言えませんでした。

 

はじめは一人暮らしの友達の家に行ったのですが長居できるわけもなく少しのあいだだけお世話になってすぐにでました。

 

 

その後日雇いの仕事をし、なんとか生活をつなぎました。

 

 

私は安全な金融があるということさえも、知りませんでした。

 

知識もなく色々な人にお金の借り方を聞いたり、ネットで方法や口コミなど色々調べてお金を借りました。

 

銀行でお金を借りることができることも知らず色んな大手金融会社があることも知りました。

 

 

はじめはなんだか怖かったのですが、借りるお店がリードして色々聞いてきてくれて電話である程度の審査と手続きをし、最後にATMみたいなところに行き顔合わせもなかったため、10万円気軽に借りれました。

 

意外と簡単に手続きもすんで、すぐに借りることができました。

 

 

利息などさえ意味のわかっていなかった私ですがなんとか理解し無事借りることができ、その場を乗り切ることができました。

 

そのあとは毎月の利息と返済があるため、すぐに安定した職を見つけました。

 

 

家に出たおかげで親のありがたみがとてもわかりました。

 

当たり前にやってもらっていたことが家に出るとすべて自分でやらなければいけないのでこんなこともやってもらっていたのかーと、たくさんのことに気づくことができました。

 

今では良い思い出になっています。

 

 

それでもお金を借りるということは大変なことなので二度とそういうことがないように計画的に生活していきたいと思っています。

A友達の結婚式とゴルフのコンペがかぶって生活費が足りなくなり、消費者金融で10万円借りた40代男性の体験談

ちょうど6月に友達がたて続けて結婚式を行う事になり、タイミング的に出費が重なりその月の生活費がかなり苦しい状況となりました。

 

そのときちょうどゴルフのコンペなども会社で行われる形になり、中々用立て出来る状況ではありませんでした。

 

 

しかし友達や家族に相談してお金を借りるわけにはいかない状況で、ふと前に借りた事があるノンバンクのキャッシングカードがあるのを思いつきました。

 

借りたお金の合計は1回だけで10万円となりました。

 

返済はボーナス返済にしてちょうど6月はボーナスシーズンであり、私の会社も6月がボーナスの日となりました。

 

 

それまでのつなぎ資金として生活費がわずかに2万円であり、友達の結婚式とゴルフのコンペで8万円ほど減りました。

 

仕方のない事ではありますが、その時はノンバンクで借り入れを行った方がスムーズに借り入れも行えますし、銀行で借り入れを行えば平日でなければ相談出来ない事などわずらわしさもありました。

 

 

以前借り入れを行った時も、金利が1週間無料だった事で利息もかなりお得な形で返済出来ました。

 

借り入れの期間としては20日ほどでしたが、その期間に無料利息の1週間が加わり、ほぼ2週間ほどの金利の支払いで済みました。

 

 

以前は、在籍確認など借り入れの際に行われていた様ですがちゃんと勤めをしている者であり、そこは問題なく審査も通りました。

 

返済計画もボーナスがあるのでばっちりと返済に充てる事が出来ます。

 

 

リスクとしては、やはり今後も生活費を脅かす自動車など車検があったり自動車の任意保険を支払ったり住宅ローンの返済や固定資産税など立て込んで支払いが集中する月もあります。

 

 

そう言った月にタイミングが当たれば今回の様にお金を借りて生活を行う必要があります。

 

しかしそこを踏まえて借り入れを行うとしても、消費者金融業者で借り入れを行えばスムーズに返済や借り入れが行えます。

 

 

今回の体験で消費者金融を使いこなせるようになると、日常でお金が足りなくて困った時に簡単に解決できて心強い味方になるなと思いました。

B20代男性が英語を学びにオーストラリアに行くために10万円借りた体験談

近年、グローバル化が進んでいる世の中で英語は必須言語です。

 

私は会社員ですが、外国人のお客さまが多数いらっしゃいます。

 

なので、英語が話せるともっと売り上げが伸びたり仕事の効率が上がると思っておりました。

 

 

そんなときに、英語を学びたいと考えるようになりました。

 

しかしながら、学校などに通うことができないので方法を考えていました。

 

 

今はネットなどで無料で英語を学べるようになりました。

 

なので、ネットで学びたい自分の好きな時間や場所で学びたいと学んでいました。

 

 

そして、ある日本物の英語に触れたいと思い海外に行くことにしました。

 

会社員でしたが、10日間の休みを頂きました。

 

だから本場の英語を学ぼうとオーストラリアに行きました。

 

 

なぜオーストラリアかという学生のときに留学をしていたからです。

 

ホームステイをしていたのでその家族にお願いして英語を学ぶことにしました。

 

 

 

しかしながら、お金が足らないという事態になりました。

 

貯金も少なく到底足りる額ではありませんでした。

 

 

お金を理由に自己啓発を諦めたくなかったのでお金を借りる方法を探しました。

 

 

両親や友達に借りるのは嫌でした。

 

 

「1週間で何ができるの?」と言われるのが嫌だったからです。

 

 

あくまでも学びに行くという強い気持ちを持っていましたので遊ぶと勘違いされたくありませんでした。

 

 

なので、インターネットで調べました。

 

インターネットだと簡単に口座を開設でき、なおかつ審査などの手続きも簡単に済ますことができるのでインターネットを活用しました。

 

 

審査までは1時間程度でしたのですぐに借りることができました。

 

近くのATMから引き出すこともできましたので便利でした。

 

 

初めての利用なら利息がなかったり低かったりと大きな特典もあるので凄く助かりました。

 

 

お金を借りて自己啓発をできたことに嬉しく思います。

 

お金は借りればなんとかなるんだなと感じました。

 

 

これから先もお金で諦めることはしたくないです。

 

 

お金を借りるのは怖いことと思ってる人に伝えたいです。

 

 

お金を借りるのは簡単だし、利息がない、または低い消費者金融サービスがあります。

 

夢ややりたいことがあるならお金を理由に諦めるのはもったいないです。

 

 

お金を借りるのは少し勇気がいると思いますが、ぜひその勇気を出して一度借りてみることをおすすめします。